ふだんは健康な人でも、気分転換をするのは容易なことではありません。まして病気や障害のある人は、毎日大きな不安と向かい合わなければならず、心の負担は果てしないものでしょう。

現在、医療や福祉現場でのアロマセラピーの活躍場面は、ごく限られたものになっています。しかし、少数の有志がアロマを実施し、好結果をもたらしていることも確かです。

私たちでも、ふだんは滅多に接することのないアロマセラピー。

目新しくて刺激にもなり、温かな手で軽やかにタッチングされれば、気分もガラリと変わりす。病気や高齢で変化の少ない日々を過ごしている人には、インパクトのあるイベントになります。実際に、こうしたアロマ関係者へのニーズはどんどん拡がっています。

アロマ資格のレベルをのぞく

ここでは、プロの登竜門といわれているアドバイザーレベルの知識を紹介します。しかし、いきなりテキストと向かい合うと飽きてしまいがちです。そこで、試験に必要なエッセンスを盛り込みつつ、気軽に読める雑学感覚でまとめます。

そして、アロマ資格の勉強を進める上で重要になるのは、知識だけではなく、実際に自分で匂いを確かめたり、使用してみる経験

です。面白がっているうちに、素朴な疑問が湧いてくるはずです。そこでテキストを使って、その疑問を解決する、これがオーソドックスな勉強法です。

本格的な勉強に入る前に、様々なアロマ書籍を探してみて、ブレンドレシピを試してみるのも吸収が早いでしょう。経験が伴うことで、記憶の定着や飲み込みがスムーズになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です