検定二級では、アロマセラピーを自分でも楽しむための基礎と応用方法を習得したと認定されます。一級になると、家族や友人などにアロマの楽しみ方や健康維持方法を教えることができるレベルとされます。

検定二級では、アロマセラピーを自分でも楽しむための基礎と応用方法を習得したと認定されます。一級になると、家族や友人などにアロマの楽しみ方や健康維持方法を教えることができるレベルとされます。

検定受験用のテキストは、一般書店やアロマ専門店でも扱われており、試験範囲はテキストで十分カバーできます。ただ精油については、実際に匂いを体感した方が良いでしょう。二級では10種類、一級では20種類の精油知識が問われます。これはスクールやアロマ専門店などでお試しキットが売られています。

検定の中核は、やはり精油の利用方法と安全な使い方。近年、日本でも毎年100人ほどが間違った使用で中毒事故を起こしています。

検定一級に合格すれば、講義を一回受けるとアドバイザー資格が取れ、お客様からはプロとして見られます。検定を受けると決めたときから、しっかり学ぶ姿勢が重要になります。

試験頻出。精油論の勉強ポイント

試験で圧倒的なウエイトを占めるのは、やはり精油の成分や作用、取扱いに関する知識です。

各協会で基本とされている、精油の名称、芳香成分の名称と作用の学習は必須です。特にナードアロマテラピー協会の場合、精油知識は相当重視されています。

まず、メインとなる精油を知り、実際に試してみましょう。興味の持てることから拡げる姿勢が大切です。

学名や分類、化学成分などは、はじめのうちは抵抗感があるでしょうが、試験では必ず聞かれます。とはいえ、はじめから細かく暗記する必要はありません。何度も見直しているうちに、なんとなく覚えていくもの。抵抗がなくなったと感じただけでも選択肢を消去法で消せるような実力が付いているといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です